英会話の基礎|食事の招待-英語表現(自宅で)

2011年03月22日 20:11

英会話|食事の招待-英語表現(自宅で)

英会話は場面によって何個かの文章をまること覚えて置くと便利です。
英会話が怖い人、英語に自信がない人は先ず、そのまま暗記して使いましょう。
今回紹介するのは家にお客さん(友たち)を招待した時、玄関先からお客さんを見送るまでの場面を設定して、流れに沿って文章を作りました。
英会話は先ず、まること暗記する事で少しずつ話せるようになります。
まること暗記して使うと聞き取りが出来ないと言うけど、質問と答えをセットにして覚えて置くと多少は会話に参与できます。

◎英会話|お客さんを迎える。

It was so nice of you to come.
ようこそ
please come in.
入ってください。
Won’t you come in?
入ってください。
Hellow ! Come on in.
ハイ!入ってください。
Hi ! Come right in.
ハイ!入ってください。
This way, Please.
こちらへどうぞ。
Did you have any trouble finding us?
ここまで、来るのに苦労はしてませんか?
I’m very happy that you drop in to see me.
あなたが私を訪ねてくれて嬉しいです。

◎英会話|コートを着る。

Let me take coat.
コートをください。
May I take your coat?
コートをくれますか?

◎英会話|楽にさせてくれる。

Please make yourself comfortable.
ゆっくり休んでください。
Please make yourself at home.
ゆっくり休んでください。
Please relax.
ゆっくり休んでください。
Would you like to sit down?
座りますか?
Won’t you sit down?
座りますか?
Have a seat, Won’t you?
座ってください。
Why don’t you sit down?
座ってください。

◎英会話|お菓子を勧める。
Please help yourself to the cookies.
クーキーをどうぞ。
Would you like some more cakes?
ケーキはもう少しいかがですか?

◎英会話|食事中に使う英語表現

We’re having yakiniku for dinner.
夕食に焼肉を準備しました。
Please help yourself.
召し上がってください。
Care for some more meat?
肉をも少し、とりますか?
If you don’t like it, just leave it.
好きじゃなかったら、残しても構いません。
Let me know, if you need anything.
必要なものがありましたら、話してください。

◎英会話|お茶を勧める

Would you care for something to drink?
飲みのもはいかがですか?
Want something to drink?
何か飲みますか?
Which would you prefor, tea or coffee?
お茶とコーヒーの中でどちらが好きですか?
How would you like our coffee, with sugar and cream?
コーヒーに砂糖とクリームを入れましょうか?
Would you like some more coffee?
コーヒーをもう少し、いかがですか?

◎英会話|お客さんを見送る

I’m gald you could come.
来て頂き、ありがとうございました。
I enjoyed having you.
あなたがいたから楽しかったです。
We enjoyed your company.
あなたがいたから楽しかったです。
Thank you for coming.
来て頂き、ありがとうございました。

◎英会話|もう少し止める

Do you really to go?
本当にお帰りですか?
Can’t you stay a little longer?
もう少しいていただけませんか?

◎英会話|見送る

I hope you’ll come again.
また、来てください。
Please come again.
また、来てください。
Take care.
気をつけてください。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://englishdialogue.blog112.fc2.com/tb.php/6-504ef63e
    この記事へのトラックバック