--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で自己紹介!自己紹介の英語例文集(場面別)

2011年04月19日 21:22

英語自己紹介!自己紹介の英語例文の集め

英語で自己紹介を流暢に話すために・・・

英語で自己紹介ができる人は何人くらいいますか?
自己紹介は母国語でも難しいものです。
しかも、英語で自己紹介と言うとかなりのプレッシャがかかります。
あなたは英語で自己紹介を頼まれたら、どのように準備をしますか?
十人中9人は、先ず、母国語(日本語)で書いてから英語に直す方法を考えると思います。
英語の自己紹介はビジネスで使われる自己紹介の英語の文章です。
英語で自己紹介を流暢に話すためには、先ず、英語の例文を覚えておくのが重要です。
英語自己紹介は英語でインタービュー(面接)を受ける時、新入社員、会社に新しい同僚を受け入れる季節、学校で新学期の英会話の時間など英語で自己紹介をする機会が増えていきます。
一般的に、英語で自己紹介をする時、自己紹介の流れと英語表現を事前に覚えて置くと便利です。
英語で自己紹介をする時、緊張して何も思い浮かばない時、項目別に準備しておくと役に立ちます。

英語 自己紹介 例文集

自己紹介の英語表現:基礎例文集

1.英語自己紹介:名前

英語で自己紹介の一番目!
名前を言います。
あまり低くても行けないし、声が小さくなってもいけません。
明るくて、大きな声で、正しい発音で話すべきです。
言葉の速さにも気をつけること!
英語での自己紹介だから英語で話しにくい名前はウィート的な要素と共にスペリングをを話してあげるのも良いと思います。
面接の場合は、面接官たちがあなたの名前が書かれた自己紹介を一枚ずつ持っているから…

2.英語自己紹介:仕事(職場)

自分が現在、携わっている仕事とか、職業に関して記述すれば良いです。

My name is Tanaka takuya.
→私の名前は田中拓也です。

I work for ABC Co., Ltd.
→私はABC株式会社に勤めています。

I'm the manager of the sales Department.
私は営業部長です。

=I'm in charge of the Overseas Affair Department.
私は海外営業本部の部長を務めています。

上記の3項目は最も一般的な自己紹介の英語表現です。
そして、ここでも少しずつ、英語表現を変えて使う事もできます。
英語自己紹介をする状況に応じて使い方を区分することが最も重要です。
ともかく、英語自己紹介をする初対面の場合は、相手のトーンに合わせて話せば、距離感を解除できます。
だからと言って、あまりにも落ち着いた感じで話すと、自分をアピールする事ができません。
自信を持って、ポジティブ(肯定的)な印象を与えないといけません。
今回は一般的な英語での自己紹介の表現を超えて、仕事に関する表現です。
場面別に変更させて覚えておけば役に立つと思います。

自己紹介の英語表現:応用例文集


◎英語 自己紹介:~に務めています。

I'm working for ABC Co., Ltd.

I'm with ABC Co., Ltd.

I'm employed by ABC Co., Ltd.

◎英語 自己紹介:新入社員です。

I'm a freshman here.

◎英語 自己紹介:~年間、務めています。

I've been with the company for 5 years.

I've been employed here for 15 years.

I've been working for this company for 7 years.

◎英語 自己紹介:営業の仕事をしています。

I'm in sales.

I work in the sales department.

自己紹介の英語表現:質問例文集


◎英語 自己紹介:仕事 PARTⅠ

What company do you work for?
何処に勤めていますか?

What do you do?
どんな仕事に携わっていますか?

What line of work are you in?
どんな種類の仕事ですか?


◎英語 自己紹介:仕事 PARTⅡ

Have you worked here long?
ここで、どのくらい務めていますか?

What is your position here?
ここで、あなたの位置は何ですか?(部長、係長などを聞く時)

What should call you?
(あなたを)どのように呼べば良いですか?

答え:Please call me JJ, for short.
短くJJと呼んでください。

英語の自己紹介で、急に個人的な質問をするのは良くないです。
無論、面接官が質問をすれば、仕方なく誠心誠意を持って答えないといけないけど…
もしかして、英語で自己紹介をする時、個人的な質問をしたいときは、
"...? if I may ask" (もしかして、失礼ではなければ…) と言うと、失礼は避けられます。

最後に英語で自己紹介をする時、注意すべき事は!!!
アメリカあるいはヨーロッパーの国では、目と目を合わせて、アイコンタクトをするのが挨拶の常識ともいえます。
いつも優しく、相手の目を真直ぐ見ながら挨拶をすると、英語自己紹介で、良い印象を与えられると思います。
新しい出会いの季節、新しいスタート。
私と言う人をアピールできる英語自己紹介を身につけてみてはいかがですか?
いつか英語の自己紹介をしたくなる日が訪れるかも…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://englishdialogue.blog112.fc2.com/tb.php/27-1d76c1e7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。