英語 面接 自己紹介 20秒と45秒 例文の紹介

2017年08月19日 15:10

 英語 面接 自己紹介 20秒と45秒 例文の紹介

英語 アルバイト、翻訳 バイトも増えつつある現在、英会話 学習に力を入れる人も増えてきた。
以前は英語ができるとエリート扱いだった時代もあったが、今の時代は英語ができないと仕事に支障が生じることもある。
英会話学習は趣味の程度で行う人もいるけど、ビジネスのために英語教室似通う人も多い。
海外旅行のための英会話ではなく、英語の仕事を目指して留学まで考えないと行けない時代でもある。
英会話を無料で習うことも可能だが、できれば安くオンラインを通じて習いたい希望を持っている方もいると思う。
英会話 スカイプは文字通り英会話を習うためのもので、英語 ビジネスを夢見る人は短い間でも英語を使う現地へ行って学んだほうが良いと思う。
外国語を話せるためには現地で3ヶ月くらいなら話ができるようになるのが普通だ。
話せるようになったらヒアリングはつきもので、読み、書きさえならえば完璧!
日本語みたいに曖昧な表現が少ないのが英語だ。
ストレートな感じのため、同じ表現を使っていろんな場面で会話を楽しむことも可能である。
余談が長くなってしまったが、ここでは、英語 面接 自己紹介の20秒短縮形と45秒実利型を例文を使って説明する。

英語 面接 自己紹介 20秒 短縮型

英語 面接 自己紹介の20秒短縮形と45秒実利型で準備しよう!

Please make a ‘brief’ introduction about yourself. 
「自己紹介を「簡単に」お願いします。」

この質問を受けた志願者の額では冷や汗が流れるだろう。 
「簡単に」という修飾が付くことで質問の難易度が高くなったからだ。 
簡単に回答するようにと制約がついた時に、短い時間の中で、自分が引き立つことができる答えを用意する志願者は多くない。 
また、数多い志願者が一日に面接を受ける現場では、後に行くほど時間に押されて簡単に面接を行う場合も発生するので、冗長な自己紹介を準備して痛い目にあうことも多い。 
20秒分量の「短縮型」と、45秒の「実利型」の回答をそれぞれ設け、面接官の質問にも「鉄壁の守備」ができるように準備しましょう。


20秒「短縮型」 英語 面接 自己紹介

印象的に刻印することができる3つだけを強調しろ! 
長い説明をするには多少時間が足りないので、面接官に自分の存在が刻印されるようにはっきりと名前を明確に打ち出すことが重要である。 
取るに足りないかのように見えるが、多くの面接者の中から自分の名前をはっきりした発音で話すことは、面接官に第一印象に好感をもたらせアピールすることができる重要な機会だ。 
志願した職務を明確に言うことも自信を見せてくれるのはもちろん、話し方だけで志願分野に熱意を持って臨むという第一印象を刻印させることができる。


20秒「短縮型」 英語 面接 自己紹介 例文

Before we begin, I am honored to be here for this interview today. 
始める前に、今日の面接に参加できるようにしていただき感謝いたします。

My greatest strength is my flexibility. 
私の強みは柔軟性です。

Throughout education and internship, I have experienced environment that changes from day to day. 
インターンシップと教育プロセスを通じて、私は毎日の環境が変化している経験をしてきました。

In this regard, I’ve developed outstanding flexibility successfully that has enabled me to meet various demands on a job and it has allowed me to surpass my superior’s expectation. 
このような理由から、私は厳しいビジネスニーズにも対応できる優れた柔軟性を発展させることができたし、上官の期待を上回ることができました。

So, I strongly believe that this strength will be a valuable asset to this company.
私はこの強みが、この会社の資産になることがあろうかと思います。

英語 面接 自己紹介 例文

45秒「実利型」 英語 面接 自己紹介 


自分のストーリーとビジョン、礼儀作法を効率的に盛りなさい! 
英語面接で自己紹介で割愛されている時間は、通常1分程度で、志願者自らが準備した話を録音した後、聞いてみると1分を超える場合が多い。 
したがって、練習した実力を現場で流暢に発揮するためには、45秒の「実利型」の回答を用意することが有効である。 
「実利型」回答の中には名前と職務名だけでなく、他の比喩や例示を介して意志を浮上させることができるストーリーを用意する方がよい。

日常や対外活動などで経験した事例や或いは、印象的だった部分を抜いて、その部分と自分がなぜこの職務に志願したのかを連携して自然に説明することが有用である。 
また、会社に入社した時、広げたいビジョンと覚悟も簡単に表明するのがよい。 
この時、会社が現在注力している産業あるいは目的に主眼を置いて、自分が持っている強みがそのビジョンにどのように貢献できるかどうかの関連付けを建て説明すればよい。 
最後に、面接の機会に感謝するというメッセージを入れた方が良い。
些細な部分かも知れないが、丁寧で礼儀正しい態度は、プラス要因として作用することもある。

英語 面接 自己紹介 45秒 実利型

45秒「実利型」 英語 面接 自己紹介 例文

"Failure is the mother of success." 
「失敗は成功の母である」

This is the guiding principle of my life. 
これは、私の人生の指針です。 

I have graduated from 00 University with a degree in Advertising and Public Relations. 
私は00大学の広告宣伝学科を卒業しました。 

My major was truly project-oriented, so I spent an enormous amount of time reviewing, talking and criticizing ads. 
私の専攻は、プロジェクトの割合が非常に高く、私は多くの時間を広告を見て、それらについて話して、評価するために時間を費やしました。 

College education gave me a solid theoretical foundation when it comes to evaluate ads and it also allowed me to gain a better understanding in advertisement and publics relations area. 
大学の教育は私に強固な理論的基盤を作ってくれました。
だから、私はこの分野についてより良い理解を得ることができました。 

And I would like to utilize this opportunity to appeal my potential for making contributions to your company. 
私はこの機会を通じて、会社に私が貢献できる潜在性について申し上げたいと思います。 

This is also a good reason why I believe marketing and public relations position is right fit for me. 
これは私がなぜマーケティングの職務に適しているかを言える理由です。 

Thank you for having me today for an interview.
今日のインタビューに参加できるようにしていただきありがとうございます。

英語 面接 自己紹介

英語ことわざ Failure is the mother of success.

mother of success
《the ~》成功のもと

Diligence is the mother of success.
勤勉は成功の母[もと]。/勤勉は成功を生み出す。

Fail is the mother of success.
→ Failure is the mother of success.
Failure is the mother of success.
失敗が成功を生む。/失敗は成功のもと[母]。

Obedience is the mother of success.
順守は、成功の母。◆ことわざ


ここまで、英語 面接 自己紹介 20秒「短縮型」と45秒「実利型」の必要性と例文の紹介をしました。
自分なりのアイディアを加えて素敵な英語自己紹介に成功しよい面接になりますように・・・